お風呂上がりの柔軟運動

健康法というか美容法というか、もう十代のころから続けていることでいまだにやめていないのがお風呂上がりの柔軟運動です。

始めたのは中学生の頃だったと思います。その頃は体育もありますし部活もありますし、体を動かす機会が多かったのですが、自分の体の硬さが嫌だなと思っていました。

そんな子供っぽい理由で軽い気持ちで始めたのです。

お風呂上りが一番体がほぐれていてやりやすいと聞き、お風呂の後、足を広げて座って膝を曲げずに前屈する運動と、足を閉じて座って膝を曲げないように前屈する運動をしています。最初は体が硬すぎてかなり苦痛でしたが、毎日続けていると少しずつですが、楽にできるようになりました。

そうやって毎日の日課として続けていると、だんだんとしないと気持ちが悪いと思うようになりました。しないと何となく体が重苦しいような感じですっきりしないのです。それで気が付いたらもう20年以上続けている毎日のエクササイズになっています。

もちろんエクササイズとは言っても、一日に2~3分のものでたいしたことではないのですが、短い時間だったからこそ続けられたのかなと思います。そんな感じで簡単にやってきただけなので、体操選手のように柔軟な体になったわけではないですが、始めたころよりは体が柔らかくなったように思います。

最初はただ痛いだけの柔軟体操でしたが、続けていると気持ちが良い感じになってきます。足の筋が程よく伸びている感じで一日動き回ってたまった足の疲れが改善されます。血行が良くなるのも感じるので、冷え性の方にもおすすめだと思います。実際私自身は足先に冷えを感じることはほとんどありませんので。
血行が良くなると髪の毛にもプラスになるので、柔軟体操した後には育毛剤も使用するようにしています。

若いころにはただ体を柔軟にしたいと思ってやっていたことですが、この年齢になると、体に良い感じがするから続けているという意識のほうが大きくなってきました。

これまでやめずに続けてこれたので、簡単な運動ですしこれから年を重ねても無理のない範囲で続けられるかなと思っています。

関連情報サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ